オリンピック強化米『薬元米」使用

その脅威のパワーをより引き出すために
独自の焙煎方法にて香ばしく美味しく仕上げ

より成分や吸収力をアップ

 

​免疫力・集中力・健康体を簡単に手にいれる

深煎り玄米粒・粉

いつものご飯に混ぜるだけ!簡単​に摂取

 
日本代表選手が取り入れている「薬元米」
いつものお米より時間をかけ吸収し、血糖値がゆっくり上昇することで集中力と持久力が長時間持続。
その効果によりオリンピック射撃での好成績にも貢献。
アスリート同様、長時間の集中力が求められる受験生にも愛用されています。
 
焙煎によってα~グルカンやセラミドなど​が新たに増加。
元々多く含まれる繊維質、ミネラルと相まって体の内部から改善。
実際重病が治癒された実例もあり予防を兼ねて愛用者が続出。
 

その

実績が証明

受験生の集中力

アップ

日本代表選手が愛用

体質改善

​病気予防

​<お試し2種セット>

​いつものご飯に混ぜるだけ!
ご家族にもぴったりの2〜4合分を使いやすい
スティックタイプにしました。
まずは深煎り玄米の香りと味をお試しください。

<お試し3種セット>

お試し2種セットに深煎り玄米コーヒーも付けた深煎り玄米づくし。
​いつものコーヒーを玄米に変えておたのしみください。

おすすめの理由

しっかり食べたい方に

さらなる免疫力を求めて!

深入り玄米コーヒー

いつものコーヒーを玄米コーヒーに変えるだけ。

ノンカフェインなので心配要らず。

深煎り玄米食と合わせてさらに効果アップが期待!牛乳や豆乳でおしゃれにカフェオレ風に。

さらに効果アップ

シャイカーで簡単!深煎り玄米珈琲

​    HOTでも  ICEでも

ーお届け方法ー

​クリックポストまたはゆうパックでお届け。

​<深煎り玄米の紹介>

「がん患者は玄米を食べなさい」(現代書林)

                                                           ー著者:琉球大学名誉教授 伊藤悦男先生ー

長年の抗がん性の研究により玄米の抗がん作用を通し、高圧高温処理により2種類の抗がん性成分を発見、その作用を解明。

 

「深煎りにより形成される抗がん性成分について」

                                                        ー米沢市立病院医師 高岩正至先生による要約ー

 

深煎り玄米に形成されるαグルカンはキノコ類のβグルカンに勝るとも劣らない免疫賦活(めんえきふかつ)効果がある。体内の異常細胞を異物としてとらえ、一番最初に除去する免疫系が原子免疫・NK細胞など。次にもっと強力な獲得免疫(マクロファージや樹状細胞などの網内系細胞とキラーT細胞などのリンパ球)が待ち構えており、がん細胞と認識すると、ヘルパーT細胞(Th0)に提示、Th0は分裂・成長しTh1に成長、キラーT細胞を活性化するためにインターフェロンγを放出し、がん細胞を攻撃し、死滅させる。リンパ球の表面には受容体とよばれるセンサーが多数あり、このセンサーを刺激するとリンパ球は活発に動き始め、抗がん性

サイトカイン(インターロイキン12やインターフェロンγ)を大量に発生する能力を取り戻す。活性化したリンパ球が体内で増加すると、リンパ球ががん細胞の周囲を巡る時にサイトカインを放出し、抗がん作用を発揮する。リンパ球刺激作用の高いものとして医学的に証明されているのがβグルカンであるが、琉球大学の伊藤氏らは玄米のαグルカンにもβグルカンと同等の抗がん性を証明した。

 
オリンピック選手も食べている薬元米で有名な山形の
菊池良一さんへのインタビューです。

@2018 fukairigenmai . com

携帯サイト

​<発売元>

エシカル.com

​〒630-0266

奈良県生駒市門前町21-23

TEL: 08024524330

お問い合わせ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now